自宅で学校で!光の全反射の様子を見てみよう!

光の曲がる様子を見てみよう

光の屈折・全反射の実験を授業中に行いました。

この実験、半円形のブロックにLEDからでた光線を
入射角を変えながら入射させて、
どの角度で屈折をするのかを記録していくというものです。

自宅でも簡単にできるので、おすすめの実験です。

科学のレシピ

用意するもの

半円形のブロックと

LED光源です。

実際には、ブロックはナリカのものを、LEDは上記のLED光源を使いました。

方法

半円形のブロックをおいて、いろいおな角度でLED光源から光を入射させていきます。

空気からブロックへの入射と、ブロックから空気への入射を行います。

実際に記録をしてみると、入射角が大きくなっていくと
屈折角も大きくなっていく様子や、
ブロックから空気に出るときには、全反射が起こる様子が実際に観察できます。

部屋を暗くする必要がありますが、
今回はこちらのLED光源をつかったこともあり、
部屋はさほど暗くする必要もありません。

これなら1000円程度で、
光源が3つも入っているのでご家庭でも実験が可能ですよね(^^)

学校で取り入れる場合でも、実験時間は15分もあれば終わるので、簡単にできるのも良いところです。おためしあれ(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています 実験を通してワクワク・ドキドキする体験をしてみたい、幼稚園で科学工作などで遊...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。