仕組みがよくわかる手作り実験の良さ

LINEで送る
Pocket

手作りの道具ってなにかあたたかくて、
使っていて気持ちよいですよね。

実験も同じ。

どこかで買ってきたキットでやるよりも
身近にある道具をつかってやった実験のほうが、
感動も2倍にも3倍にもなります。

手作りだと、仕組みもよくわかる。

手作りだと、子供も喜ぶ。

最近、うれしいことに立て続けに講演の依頼をいただきました。

一つは小学校での講演依頼で、
もう一つは地方への出張講演でお母さん向けです。

私の日程を含めて、いろいろな事情がありますから、
実現できるのかどうかは別として、
理科への関心が世の中的に高くなってきているのかな!
と、嬉しく思っています。

講演では自分で教えられる人は限られているので、
できるだけ家庭でもできるものでできるもの
そんな技術というか、やり方をご紹介できればなと思っています。

自然と身近なものを使った手作りが増えてくるので、
温かみのある実験になるとおもいます。

今までも講演に参加してくださった方が、
自宅や学校でやりました!なんて、

うれしいメールをいただくことも増えてきました。

春が近づいてきました。
日曜日のちょっとした時間に、理科実験はいかがでしょうか(^^)

捨てないで!粉ミルク缶で爆音が出る大人も驚く科学のレシピ
特設ページに戻る そのへんに置いてある「缶」からおどろくほど大きな音が出ることを知っていますか? 今日は自宅で簡単にできて...

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。