脱丸暗記!体感でわかる電流計の端子の選び方

電流計の操作がわからない!生徒がまだいる!

中学生のみなさん、なぜ電源計や電圧計の端子を大きい方からつなげばいいのかわかりますか?+の赤い端子は一つしかありませんが、−の黒い端子は3(50mA、500mA、5Aの3種類)もあります。

意外と高校生になっても忘れてしまっている生徒が多くて、困っている先生方も多いのかなと思っています。

このような実験機器の手順に関する問題は、中学入試でよく出され問題なので、中学1年生はよく覚えています。ただよく覚えているのですが、実感として覚えていないので、もうこの時期(冬ころ)になると忘れてしまっている生徒も多くいます。そんなことに悩んでいる先生がたも多いかもと思い、今回はよく身につく端子の選び方の教え方についてご紹介します。

手回し発電機がおすすめ!

そこでお勧めしたいのが、手回し発電機を電流計に接続してみることです。電流計の最大の端子、5Aにつないで手回し発電機をまわしてみると、思いっきり回してもメーターが振り切れると言うことはありません。

次に100mAの端子につなぎ変えて、ハンドルをゆ〜〜っくりと回してみてください。少しだけでまわしただけで、針が大きく動き、もし思いっきり回してしまうとメーターが振り切れることがわかります。

このように電流計の端子の50mAなどはとても感度が高いので、そのためにいきなり未知の電流を流すと壊れるかもしれないという危険性があります。そんなわけで5Aから試していくと言うことがよく体験としてわかる実験です。ぜひちょっとしたことなのですが体験してみてください。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています 実験を通してワクワク・ドキドキする体験をしてみたい、幼稚園で科学工作などで遊...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。