教師に必須の本?「生産性」を上げていますか?


先日友人から薦められて読んだら、非常に面白かった「自分の時間をとりもどそう」という本

忙しい教師に救いの手!「自分の時間を取り戻そう」
友人にすすめられて、「自分の時間を取り戻そう」という本を読みました。 この本はちきりんさんによって書かれた本で、 忙しい毎...

では「生産性」という言葉がキーワードでした。教師が生産性をあげるってどういうことだろう?と考えると、ドキッとすることがたくさん見つかりました。

この本は個人として書かれていたのですが、教員は組織として考えなければどうしようもないところがあります。では生産性を組織としてあげるにはどうすればいいのだろう?

そんな疑問をもったのですが、そのときに友人が一緒に勧めてくれたまさにその名の通りのタイトルの「生産性」という本を読みました。

こちらが面白かったので本日はご紹介します。生産性は次のように定義されていました。

生産性をあげるというと、inputを減らすことばかりに目がいってしまい、いかに「勤務時間を減らすか」に焦点をおかれて、会議時間を減らすために立ったままで会議をするだとか、上司が声がけをしてノー残業デイを作るなど対応をしてしまいがちですが、実はそれでは根本的な解決にはならないというのです。

その方向以外にも、outputの質をあげるということも大切だということが本書では繰り返しかかれています。例えば書類を作る際にも、事前にどんな書類を作るべきかを考えた、穴の空きまくりのブランクシートというものを作って、上司に提出をし課題を共有してから、その穴を埋めるための情報を集めるといった具合です。

このようにすると、outputをイメージすることができるので、質も高まり、またinputの時間が劇的に減るため、生産性が全体として向上するということでした。

結果として、残業をせずに帰れるということでしょうか。

教師の場合でいえば、全体の流れをメモ書き程度にした穴のあいた指導案を作って、その指導案をつかって先輩に意見をきいて、OKが出たら詳細をつめていくという感じかな?

もんじゃ焼きでいえば(言う必要はないが)、キャベツで堤防をつくってから、汁を入れるみたいな…。

また現状を打開するために、生産性という観点から示された次のような表も面白かったです。

教員として考えると、いまパット考えるとこんな感じになるのでしょうか。

どうしても左下の領域ばかりに目が行ってしまいますが、その他にも業務改善の手法はいろいろあることに気付かされる表です。右上はもしかしたら改革ではないのかもしれませんが、やめてしまって1つの大切なことに集中するという決断も重要ですよね。

これらの他にも組織として生産性をあげるためにはどうしたらいいのか?について書かれている箇所で紹介されている「ロールプレイ研修」はとても参考になります。教師としてロールプレイ研修は、「避難訓練」で自然と行われていますが、その他の通常研修でもロールプレイ研修をする必要性について、考えさせられました。

値段以上の価値のある本です。ぜひ手にとって見てくださいね。

追記

ナリカでの実験講座やICT活用方などをセミナーを行っています。詳しくはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室・セミナーの開催
今まで行ってきた各種セミナーの一部についてのご紹介です。科学実験講座、ICT活用講座、時短セミナーなど実施してきました。講演の...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・科学の動画こちらからどうぞ

・科学のネタ募集中!

科学のネタの情報の提供、ご質問、ご相談ははこちらにお願いします。
ネタの掲載にあたっては、お名前などを載せさせていただきます。
またご質問、ご相談などはお気軽におよせください(^^)

・Lineでの情報配信もはじめました
友だち追加数

・メールマガジンはじめました


 


 

 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなども行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。東京書籍の教科書編集委員。詳しくはこちらを御覧ください。http://phys-edu.net/wp/?page_id=37