鳥肌もの!光の道が自宅で見えた!

みなさんは光の道筋をみたことはありますか?豆電球やレーザーポインターをみても、なかなか光がどうやって飛んできているのか、光の道筋をみることができません。それもあるのか、虫眼鏡と光線の作図などで、あまりよく理解していない生徒も多くいます。

そんなとき、レーザーポインターをつかって、光の道筋を確認しておくと、良いのかもしれません。ご自宅でもできるのでお子さんをお持ちの方は試してみてください。

科学のレシピ

用意するもの:

レーザーポインター、チョークなどの粉

方法:

1 部屋をくらくしてレーザーを飛ばします。

2 レーザーの道筋近辺にチョークの粉などを飛ばします。

結果:

こちらの動画を御覧ください。

このように空間にチョークの粉や、線香の煙など、小さな粒子があると、レーザー光線の光の道筋をみることができます。

ちょっとしたことなのですが、感動しますよね(^^)
この実験は本日開催予定のオープンキャンパスでも行う予定です。
私はオープンキャンパス全体の運営をしておりますので、実験授業が
残念ながらできないのですが、本校のI先生が開いてくださりますので、
もしお時間のある4・5年生のお子さんをお持ちの方はご来校ください。

予約は締め切りましたが、時間帯によってあいている時間がありますので、
直接お声がけください。光の不思議について、いっしょに実験をしてみましょう(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています  学校で理科実験を行う機会が少ない。親子でいっしょに実験を体験してみたい。 ...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。