400円スピーカーとまな板立てで定常波を見よう!

定常波の格安手作りの実験道具について今日は紹介したいと思います。本校のI先生と協力をして、100円ショップなども利用して材料を揃えて作りました。もしよかったらお試しください。

この実験では次のように、いろいろな腹をもつ定常波を起こすことができます。

科学のレシピ

準備するもの:
電気屋で売られているUSBスピーカー(400円程度)、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-17-31-01

タコ糸、おもり、まな板立て(100円)、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-17-30-49

USB充電器コンセント(100円)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-17-31-08

、iPadです。iPadにはトーンジェネレーターと言うアプリをいれています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-17-30-39

スピーカーの振動部にタコ糸を結び、タコ糸の端をまな板立てにかけて、おもりをつけます。トーンジェネレーターアプリを使って、スピーカーに様々な振動数の音を入力し、振動させます。するとタコ糸の長さとおもりの重さ、そして振動数の一致する所で定常波が見られます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-17-29-23

3倍振動、4倍振動の振動の様子がわかりやすいので、まずはその定常波ができる振動数を調整して調べます。その後、予想しながら2倍振動そして基本振動を探していきます。基本振動は音をだして糸をゆらしてから、少し時間を伝えと見えてこないのは注意が必要です。

買えば十万円くらいするような実験器具も、手作りで作れば、10分の1以下の値段でできました。また音がうるさかったんですが、振動板をカッターで取り除くことにより、音を小さく抑えることができました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-21-31-38

I先生ありがとうございました!とても良いものができました(^^)
みなさんおすすめです!

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています 実験を通してワクワク・ドキドキする体験をしてみたい、幼稚園で科学工作などで遊...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。