理系の絵本がおもしろい!今週のkodomoeがおすすめ!

img_0195

皆さんは理系の人が描いた絵本を読んだことがありますか?文系理系と分けて考えるのも、視野の狭い話ではありますが、実際に理系の人の書いた絵本というのはあまりみたことがありせん。

そんな中、今月のコドモエの付録にはプラスの記号の入った少し変わった絵本がついていました。裏の説明をよむと、理系の作者が書いた本だということが書かれています。

内容はというと、ページをめくるたびに、りんご+りんご=?、というプラス「+」のついた計算について絵で描かれています。

img_0196

りんご+りんご=2つのりんご

なのではないかと思うかもしれません。しかしこのプラスという記号について、いろいろな解釈があるということをこの絵本は教えてくれます。幼児向けの絵本なので「+」についてのみ、いろいろなアイデアが書いていますが、「+」という概念を学ぶにはもってこいの絵本でした。

最後には「りんご+ニュートン=万有引力」なんて数式も。

img_0197

非常に楽しんで読むことができました。

うちの子供はまだ小さいのでよく理解できていないところがあるかもしれませんが、このような理系絵本をつかって、数式について慣れ親しんでほしいとおもいました。

[amazonjs asin=”B01M01AZ04″ locale=”JP” title=”kodomoe(コドモエ) 2016年 12 月号 (雑誌)”]

[blogcard url=”https://phys-edu.net/wp/?page_id=20940″]

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました