テストでよく使う「長い穴あき枠」をきれいに作る方法

スクリーンショット 2016-06-22 5.49.16

皆さんはどのソフトをつかって教材を作っていますか?wordで作ったことありますか?

私は以前はlatexというソフトや、writerというmacのソフト、またスタディーエイドなどを使って作っていたことがありますが、今はwordに一本化しました。というのも、wordは学校で使っているすべての教員のパソコンに事前にインストールされているために、ファイルをやり取りしたり、また後で直したりするのが簡単にできるためです。

そんな長く使っていたwordなのですが、

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

というような長い四角のようなものを入力することができず困っていました。図として長い四角をつくって挿入するか、または図形の挿入でつけるのか、など、なかなかスマートな方法が見つかりませんでした。

みなさんはどうしていますか?

そんなちょっとしたことで悩んでいたところ、同僚の方から「こうすればいいんだよ」と言う驚くべき方法を教えていただきました。

もしかしたらご存知の方も多いかと思いますが、今回は教員が多用するであろう、この長い四角の作り方んついてご紹介します。

長い四角を挿入するためには、まず全角スペースを適当な数だけ入力します。

1

そしてそのスペースを選択して、

2

文字の枠が込み(3)をおします。

4

このようになります。アといれたければそのなかほどに「ア」とうちこみましょう。

%ef%bc%95

これだけです。スペースに枠が込みをかけるという技術をしりませんでした。

こんなに簡単にしかも自然に長い四角をきれいに挿入することができてとても驚きました。枠にとらわれていました(^^;)

ぜひ皆さんもご利用ください。今日はワードについてでした。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています  学校で理科実験を行う機会が少ない。親子でいっしょに実験を体験してみたい。 ...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。