紙で作れるから安い!簡易分光器制作キットがおすすめ!

今日は偏光板をつかって光を分光する実験を授業で行いました。

使ったのはこちらのキットです。分光器を買うと高くても、工作のような感じで手作りできて、波長も計算できるため、中学から高校まで使えるすぐれものです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-10-04-45

URL: http://www.tech-jam.com/items/KN3115730.phtml

太陽を窓越しに覗いてみると(直接のぞかないでください!)、このような感じで光が分光されて見えます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-9-59-14

拡大

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-9-59-24

きれいですよね。蛍光灯を除くと、同じ白色でも成分が異なっていることがわかります。ぜひお試しください。

すぐに班の数用意できるのも、うれしいですよね(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています  学校で理科実験を行う機会が少ない。親子でいっしょに実験を体験してみたい。 ...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。