その辺に転がっているビー玉を覗いてみよう!驚きの風景が!!

今日はビー玉を使った実験についてご紹介します。ビー玉は1家に1つはあるかとおもいますが、このビー玉から見える景色がまた面白いんです(^^)。

科学のレシピ

用意するもの:ビー玉(1人に1つがベスト)

方法:

生徒の人数分、ビー玉を買って、配ります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-9-57-15

使うのは透明のビー玉です。まずこのビー玉を紙の上において、少しだけ持ち上げてみましょう。紙に蛍光灯など天井の様子が映る場所があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-9-58-07

この写真だとわかりにくいのですが、蛍光灯が紙に写ります。

 これが蛍光灯の実像です。もう少し位置をうまくすればきれいにうつっているのですが、撮影失敗(^^;)

次にビー玉をペタッとプリントの文字にくっつけてみます。すると、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-9-57-49

このように文字が拡大されます「大」という文字が4倍くらいに拡大されました。

最後にそのままビー玉を持ち上げていくと、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-9-57-29

今度は文字が逆さまになります。図はFが逆向きになっています。

不思議ですよね!

生徒1人に1つ渡すといろいろ遊び始めるので、良いなと感じています。ビー玉はまとめ買いができるので、ぜひ学校でもお試しください。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています  学校で理科実験を行う機会が少ない。親子でいっしょに実験を体験してみたい。 ...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。