思わずニヤ!っとする慣性力を知っているとより楽しめるSF作品「ファウンデーション」


%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

電車の行き帰りでアイザック・アシモフのファウンデーションを読んでいます。この本は1984年にハヤカワで発行されたSFものです。

銀河帝国の崩壊について、書かれている本なのですが、その冒頭のP21に面白い記述がありました。

それがこちらです。

ガールという数学者が銀河帝国の中心地に田舎からやってきたとき、はじめて新型のエレベーターにのったときの記述です。

エレベーターは重力的斥力で働く新型のものだった。ガールは他の人たちの先頭に立ってそれに乗りこんだ。オペレーターがスイッチを入れた。重力がゼロになると、一瞬、ガールは宙に浮いたように感じた。それからエレベーターに上向きの加速がつくにつれて、少しずつ体重が戻ってきた。それから減速が始まると足が床から離れた。思わず悲鳴をあげると、オペレーターが叫んだ。「足を横棒の下にはさんでください。この注意書きが読めないんですか?」

重力的斥力という表現も面白いですね。それは良いとして、慣性力を勉強していると、高校生にとってはより楽しく読めると思いました。

エレベーターが上向きに加速をすると、慣性力により自分の体重を感じることができるようになり、その後減速をすると慣性力によって体が浮いてしまう、そのために、足を固定しなさい!と書かれていて、楽しめました。

SF作品は様々なところに物理的な記述が潜んでいて、そういった面でも面白いです。アシモフの作品は高校生も読みやすいので、ぜひ手にとって見て下さい(^^)

追記

教員目線でのICT活用方などをセミナーなどでお伝えしています。
申し込みはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室・セミナーの開催
今まで行ってきた各種セミナーの一部についてのご紹介です。科学実験講座、ICT活用講座、時短セミナーなど実施してきました。講演の...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・科学の動画こちらからどうぞ

・科学のネタ募集中!

科学のネタの情報の提供、ご質問、ご相談ははこちらにお願いします。
ネタの掲載にあたっては、お名前などを載せさせていただきます。
またご質問、ご相談などはお気軽におよせください(^^)

・Lineでの情報配信もはじめました
友だち追加数

・メールマガジンはじめました