たとえ話がキレキレ!多田将先生のニュートリノ講演の感想をお届け

スクリーンショット 2015-02-22 22.31.41

 8月3日、代官山蔦屋書店にて多田先生の講演がありました。

8/3夏の長い夜に素粒子はいかが?多田将先生のニュートリノイベント
興奮するニュースが入ってきました! なんとあの素粒子物理学者の、金髪で、ブーツを履いている、あの多田将先生が、 おしゃれな代...

 私は次の日にある講演の準備のため、行くことができなかったのですが、N先生が現地での様子を教えてくれました。

 参加者は15名ほどでアットホームな雰囲気の中開催されてたそうです。15名なんてもったいないですね。ぼくも行きたかった。

 ただし、そんな15名の中にはニュートリノの講演にも関わらず、小学生から四国から多田先生に会うために来たというコアな方もいたそうです。

 内容は基本的には、多田先生が出版したニュートリノ本に沿ってパワポで説明していく形だったそうです。

 しかし、多田先生のたとえ話のすごいところが発揮されたそうで、物質と反物質のペアに差が出てしまうことを、日本の男女比に例えていたり、

 CP対称性の破れを、三面鏡に写る少女の姿が違う動きをするという特撮映像を使って説明されていたり、

 と、小学生にもわかるようにたくさんでてきたとのことでした。

 いつもの講演であるように、クォーク・レプトン理論と実験においてノーベル賞日本完全制覇に向けた熱い語り口がとくに印象的だったということです。

 1時間30分の講演があっという間にすぎていったそうです。うらやましいですね。

 多田先生は、いろいろな場所で講演活動を行っているので、今後もぜひその動きをチェックしてみてください。ツイッターをおっていけばいいのかな

教員目線でのICT活用方などをセミナーなどでお伝えしています。
申し込みはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています 実験を通してワクワク・ドキドキする体験をしてみたい、幼稚園で科学工作などで遊...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。