見せると視野が広がる!


スクリーンショット 2016-07-15 22.49.33

先日はオープンキャンパスがありました。毎年、児童を集めて体験授業をやっているのですが、今年は運営側になったので体験授業をすることができませんでした。

体験授業をやるたびに思うのは、児童が喜ぶと、後ろに座っている保護者も喜ぶことや、また根本的には大人が喜ぶ実験は児童も楽しいのだということです。

そしていつも中高生の前に立って話をする仕事をしていますが、こういう外部の人の前で話をすると視野が広がり、また日々の授業でのネタもたまるという相乗効果です。

児童がなにをもとめているのか、保護者のニーズはどこにあるのか、なども肌感覚で実感します。

そんな中、今回は部活を指導して、部活動体験を二つやってみました。どちらも科学部なのですが、それぞれの部で、生徒だけだできるように考えてもらい、実際に生徒主体でやったのですが、児童を目の前にした時に、見たこともないような生徒の力が発揮されて、生き生きと説明やお話をしている様子がみられました。

部員も僕と同じで、外部に出て発表なり、説明なりをすることが、生徒の成長につながるようです。

やってみないとわからない、とよくいいますが、見せてみないと視野は広がらないということもあるのかもしれません。

オープンキャンパスは皆にとって良い機会になりえますね(^^)

次回は後期にあります。また私は運営側ですが、部員と考えて、新しい実験講座ができればなと思います。

追記

教員目線でのICT活用方などをセミナーなどでお伝えしています。
申し込みはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室・セミナーの開催
今まで行ってきた各種セミナーの一部についてのご紹介です。科学実験講座、ICT活用講座、時短セミナーなど実施してきました。講演の...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・科学の動画こちらからどうぞ

・科学のネタ募集中!

科学のネタの情報の提供、ご質問、ご相談ははこちらにお願いします。
ネタの掲載にあたっては、お名前などを載せさせていただきます。
またご質問、ご相談などはお気軽におよせください(^^)

・Lineでの情報配信もはじめました
友だち追加数

・メールマガジンはじめました


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です