今年度は恐竜模型に挑戦をします!【科学部】

LINEで送る
Pocket

7/17日は勤務先の学校のオープンキャンパスがあります。
ぼくは地学部の顧問をしていますが、今年は部員が恐竜について調べたい!
というところからスタートしたので、

オープンキャンパスでは恐竜の模型を作る企画をたてました。

スクリーンショット 2016-07-15 22.49.33

さてこの模型は何でしょうか?

参加者1人1枚、模型を用意して、いらっしゃいました児童といしょに恐竜模型を作ります。

上の写真のように、恐竜の骨のパーツを生徒が一つの紙におさまるように
部員が試行錯誤をしながら型紙を作りました。これをトレーシングペーパーで写し取り、
いろいろな素材で作ってみたところ、

スチレンボード2mmが一番扱いやすくて、上部であったため、
スチレンボードを50枚かって、準備をしました。

私は素材のアドバイスや、どうしたら児童が作りやすくなるか?などの
あるいみ「口出し」をしただけで、すべて生徒が作成、講座の進行を行いました。

お陰様で申し込みは満席( > < )なので、もう申し込めない状態になっていますが、
見学は可能ですので、もしよかったらご来校ください。型紙のみでも
コピーをして配布をするなどを考えています(^^)

また事前申し込み不要のものもございますので、お楽しみいただければと思います。

教員目線でのICT活用方などをセミナーなどでお伝えしています。
申し込みはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい・楽しい実験教室×ICT 地域でなかなか実験を体験する機会がない、小・中学校で電気分野などあまりやってくれない、幼稚園で科...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。