スマホを生産的に使うデジタル・ネイティブ

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-04-10 9.03.55

ウォール・ストリート・ジャーナルに次のような記事がのっていました。

スマホで宿題、米教室の常識に 教師追いつかず
http://m.jp.wsj.com/articles/SB10671262863315044285504581549941455128386?mobile=y

結構ざっくりした記事だなと思いつつも、アメリカでもスマホを授業に使うということを奨励している学校がある、科学教師がいるということがよくわかりました。

デジタル機器には、リーンバックと、リーンフロントといわれる機器があります。リーンバックというのは、ソファーにもたれながら楽しめるような機器で、基本的には非生産的な、消費的なツールです。

スマホやタブレット端末が、このリーンバックにあたります。

またリーンフロントといわれるデバイスはPCのように、生産をするために前のめりになって使うデバイスのことをいいます。

スマホやタブレットは、外部キーボードなど使わない限り、基本的にはリーンバック系の機器だと思っていました。

が、どうやらその状況が変わってきているようです。

上記の記事で紹介されているように、生まれた頃からスマホ等に囲まれてきた、現在の中高生(デジタルネイティブ)にとってみれば、スマホを生産活動に使うということも普通になっているのかもしれませんね。

アメリカではこれらの流れを認めて、活用可としていることもありますが、これらの使用を日本ではどのように奨励していくのかが問題になってきそうです。

この記事で紹介されている科学教師のように、積極的に進めていくには、教師自身が生徒がどのようにスマホを活用しているのかを知らなければいけません。または実際に使い方について先行をする必要があります。

ぼくもそんな事情もあり、生産的にスマホを使うためにはどうしたらいいのか、またどういう使い方がありうるのか、ということで、Lightningで使えるキーボードを購入しました。

有線で直接iPadに挿せる!Lightningキーボードで新年度に備えよう
iPadやiPhoneで使える、キーボードを買ってみました。 一番の特徴はライトニングケーブルが使えるということです。 昔Bluetooth...

このキーボードは挿せば使える有線方式なので、非常に使いやすい製品です。おすすめします。

これらを使って議事録やメールなどを仕事のときに書くことをはじめました。

まだまだ僕自身研究中なのですが、みなさんの活用事例ももしよろしければ教えて下さい(^^)

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)