電線で!?作る強力コイル!磁力線丸見え!

LINEで送る
Pocket

先日紹介したパスカル電線は、一本に見える電線の中には、10本の導線が入っていて、
電流を流すと10倍の電流が流れるように工夫されていました。

え!危ない!?大電流を使った右ねじの法則の確認実験
今日はパスカル電線という実験器具について紹介します。 パスカル電線とは、 「パスカル電線(S-cable)」は,エルステッドの大発見か...

この1mのパスカル電線を使って、次のような実験装置を作ってみました。

パスカル電線をさらにまいて、コイル上にしてあるものです。

スクリーンショット 2016-01-27 23.47.32

工夫をした点は、わざと電線の配線が見えるようにして、手でよじってあるところです。

パスカル電線の仕組みがよくわかりますね。

スクリーンショット 2016-01-27 23.47.37

これははんだ付けされていないものなので、教師用としてしようします。

ここに単1の乾電池をつなぐと0.6Aの電流が流れます。

ショート回路になってはいますが、電線が長いため、それほど大電流にはならず、長くつないでいても電線は熱くなりません。

これなら班の数用意して、それぞれ実験をさせることも簡単にできますね。

そしてこの状態でコンパスを近づけると、次のようにコンパスが強く反応します。

スクリーンショット 2016-01-27 23.50.05

Amazonでこの電線は買うことができますから、ぜひやってみてください。
ご家庭でも作って実験することができますね!

お気楽にお問い合わせください。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ(^^)
・ニュースレターではブログには載らない情報を配信しています。


 


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)