アット驚く!自宅で作れる簡単電車の紹介

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2015-12-02 23.28.36

今日は作ってみたい実験!過去に失敗した実験を紹介します。

実験をいろいろやっていますが、どうしても本に書いてあったりするようなものを
やってみると、こうしたほうがうまくいく、こうすればいいのか、あら?できないぞ!
ということがたくさん出てきます。

今回は一度失敗したけど、また必ずリベンジをしたい実験の紹介です。

少し前に海外ではやった実験で、世界一簡単な電車(車ではない?)がありました。
それがこちらなのですが、みなさんはもうご覧になりましたか?

これは、電池を磁石ではさんで、コイルの中におくことによって、
電池の表面を電流がながれて、コイルの中に磁場が発生して、磁石との相互作用で、
電池が前に進むという実験です。

いつかやってみたい実験だなと思って、針金(鉄製)をかってきて作ってみましたが、
大失敗してしまいました。そりゃそうですよね。鉄製だから・・・。

磁石と鉄なのでくっついてしまい、うまくいきませんでした。
この実験は太さ0.90mmの銅製のワイヤーで作るんですね

今回は失敗をしてしまいましたので、次回は成功させようとおもいます!
生徒に見せられるといいなって思っています(^^)
こうして日曜日がつぶれていってしまいます・・・。

みなさんはどんな実験をしていますか?面白いものがあったら教えて下さい(^^)

ニュースレター

・ニュースレターはブログでは載せられない情報を配信しています。


 


プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。