夢のパーツ「ブレッドボード」の中身を調べてみよう!


スクリーンショット 2015-10-25 8.03.47

みなさんは「ブレッドボード」をしっていますか?
ブレッドボードは、LEDや抵抗などの素子をハンダ付けすることなく、
取り付けることができる夢のパーツです。

はじめてこれをみたとき、あ、これなら授業時間内にいろいろ配線できるから、
生徒といっしょに実験ができるな!と思いました。

そして実際に授業でブレッドボードを使って、
回路を作って、電圧などを測ることなどを行っています。

そんなブレッドボードの授業のはじめには、
ブレッドボードの中身がどのような配線になっているのかを
生徒に調べてもらうという実験を行っています。

時間をとってしまいますが、中の配線の様子がわからないと
うまく回路が組めないので、良いトレーニングになります。

科学のレシピ

準備するもの:ブレッドボード、ジャンパーコード、デジタルテスター

1 デジタルテスターでブレッドボードの穴に挿して、抵抗を測定する。もし通電していれば、抵抗値が表示される。

スクリーンショット 2015-10-25 8.03.57

2 通電しているところを赤ペンで結んでいく。

スクリーンショット 2015-10-25 8.03.47

スクリーンショット 2015-10-25 8.04.08

たったこれだけのことなのですが、はじめてテスターやブレッドボードにさわってみる生徒も多く、
いろいろ試行錯誤をしていました。

クイズのように試すことができるのも面白いですよね。
ぜひご自宅でもそろえて試してみてくださいね。

ブレッドボードのよいところは、リサイクルできることです。
つまり生徒分用意をしてしまえば、なんども使えるというのが
経済的ですよね。

ハンダ付けだと、基盤は一回使ったらあげるしかないですから、
その点も推して行きたいポイントです。

今度生徒をトレーニングして、生徒主体で、電気回路について教える
小学生対象の体験会などを開こうかなとか、考えています(^^)

ご質問はありませんか?お答えします。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ。ブログにて回答させていただきます。

科学のネタから出た本はこちらです。運営者に関してはこちらからどうぞ。

・メールマガジンはブログでは載せられない情報を配信しています。


 

・フェイスブックやツイッターでは更新情報を配信しています。


動画授業をはじめました。


[adsense]