わかるための5ステップ!川勝先生の人生から学ぼう


sport-training-834515-m

川勝先生の物理の授業

川勝先生の物理の本を知っていますか?

おそらく物理教師なら、一度は目にしたことがある本だと思います。

川勝先生の「教え方」とそして「人生」までもがギュッとはいったステキな本で、
ぼくは自宅用、学校用と2冊ずつもっています。

ちょっと高いのですが、物理をおしえることになったら必須の教師用教科書のような気がします。

また普通の教師も必須で、それはなぜかというと、生徒とのノートのやりとりの往復書簡や、
また本の作り方が導入展開まとめという形に授業を意識した編集になっていることから、
実践・応用しやすいということがあります。

川勝先生の物理授業〈上巻〉力学編

そんな川勝先生の本から、わかるための5つのステップについて紹介します。

1 理解した気になる(授業を受ける、本を読む)
2 わからないところを知る(問題集に取り組む)
3 わからないところをつぶす(教師や友人に聞く、本で調べる)
4 もう一度解く(もう一度問題を解く)
5 人に教える

川勝先生の特徴は、まずは自分で調べる、やってみるというところに、
第一段階や第二段階が置かれているというのが特徴でしょうか。

そして3〜5については、他者の力を利用して、知識を身につけていくというのが
完成形として示されています。

グループワーク型の授業だと、1〜2は自分ですませたり、自宅ですませたりして、
3〜5に学校の授業内で取り組むことを主としていることになりますね。

パソコンが普及していなかった時代でも、
やはり大事なことは何も変わらないということでしょうか。

川勝先生の本はすべての教師にとって参考になる内容で作られていますので、
ぜひご一読ください。

 

参考

川勝先生の物理授業〈上巻〉力学編

川勝先生の物理授業〈中巻〉エネル…

川勝先生の物理授業〈下巻〉電磁気…

 

次の科学のタネ

そろそろ本気を出しましょう。

go-by-car-to-library-1431042-m

科学のネタ帳の更新情報

ツイッターについては更新情報+科学全般

フェイスブックGoogle+RSSについては更新情報について流しています。

スクリーンショット 2014-02-06 19.04.23 スクリーンショット 2014-02-06 19.04.47 スクリーンショット 2014-02-06 19.04.58 スクリーンショット 2014-02-06 19.05.11