スッキリ!ベクトルが自然に身につくiPadゲーム


スクリーンショット 2013-12-11 18.31.04

 東京書籍と共同開発している電子教科書

インタラクティブ教材がすごいんです!

今回は生徒がなかなかできない

力のつり合いに関するゲームの紹介です。

 

この冬に発売される東京書籍の電子教科書は、
ぼくも開発に参加をしています。

そしてこの電子教科書の良い点の1つにインタラクティブな教材を
入れているところにあります。

インタラクティブな教材の良い所は
教師が授業で掲示をしながら生徒といっしょに
考えたり、

生徒の個別質問で問題集をとくときに、

結果を再現したりすることができる柔軟な点です。

 

今回は生徒が楽しめるベクトルゲームについて紹介します。

詳しくはこちらの動画から御覧ください。

それでは、画像で説明をしますね。

まず力が表示されます。この力に対して、つり合うように力のベクトルをひいていきます。

スクリーンショット 2013-12-11 18.30.15

 この場合は、左に2マスです。

スクリーンショット 2013-12-11 18.30.27

きれにひ引くほど、高得点が得られます。1381ポイントと表示されました。

 

次の問題は難しい。2つのベクトルがあります。

こんなときは補助線機能が便利です。

スクリーンショット 2013-12-11 18.30.43

スクリーンショット 2013-12-11 18.30.51

このベクトルとは逆向きにひけば力がつりあうので、、、

スクリーンショット 2013-12-11 18.31.04

どうでしょうか?判定を押してみましょう。

スクリーンショット 2013-12-11 18.31.23

おお!正解です!

という感じのゲームです。

教えていると意外に生徒はベクトルでつまづきます。

遊んでいるうちに、ベクトルが学べてしまいますね。

ぜひご活用ください!

次に読みたい記事はこちら!

スクリーンショット 2013-11-21 21.30.51

こちらの本が参考になります!

10年後の教室

日本のICT教育にもの申す!

MOOC ―大学の革命―
日経BP社