消耗品は種類は少なく数を多く、備品は高くて良いものを

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

先日 #理科室経営 について、小森栄治先生の講座を受けてきたのですが、そこで「消耗品は種類は少なく数を多く、備品は高くて良いものを」ということを繰り返し話されていました。これは家の整理などにも言えることだと思うのです。

例えば以下のように消耗品の例です。

試験管 直径16.5mm 長さ16.5cm ゴム栓1号

ビーカー(ガラス製) 100mL、300mL

ビーカー(プラスチック) 500mL、2L

大きいものはプラスチックでそろえておくと便利!塩酸をうすめるときなどにも使える。反応熱に注意が必要。

ガラス管 外形6mm、長さ20cm

ビニール管 内径5mm、外形7mm

ろうと(プラスチック製のハイスピードろうとが便利!) 口径7.5cm

ろ紙 No.2 直径12.5cm

メスシリンダーはプラスチック製で(生徒が倒しやすい)

それに対して、備品の例については、顕微鏡を紹介していました。

小学校はアトマ2、中学校はウィングブルー、中学・高校はネクロスをおすすめしていました。

また消耗品も、備品も規格を統一することの重要性をお話されていたのですが、私も実はいろいろなテスターを買って後悔したことがあります。テスターごとに操作法が違うので、生徒に説明するときに困ってしまうのですよね。

以下はネットでみつけた一例です。ナリカカタログなどで注文するといいと思います。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから