ドングリでおなじみの「クヌギ」を写真でとってきました

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

#植物図鑑

#キッコーマンアリーナ の公園で #クヌギ の木の写真をとってきました。キヌギのどんぐりは丸くて可愛らしい形をしていますよね。

wikipediaでクヌギについて調べてみると、クヌギはブナ科コナラ属の落葉樹でだそうです。また、

樹皮は暗い灰褐色で、厚いコルク状で縦に不規則な割れ目が生じる

ということで、樹皮も見てみると、なっとくのその様子。

このとき写真をとっていたら、光が分散をして虹のようなものが見えたのですが、どうしてこのようにとれたのか不思議です。

また葉の項目には、

針状の鋸歯が並び、葉身は薄いが硬く、濃緑色で表面にはつやがある

ということで写真にとってみると、

なるほどたしかに。そして実や花については、

雌雄別の #風媒花 である。雄花は黄褐色の10 cmほどの穂状になって垂れ下がり、小さな花をつける。

こちら花は確認できなかったので、また別の時期にとりたいです。下にぼとぼと落ちていたのが、クヌギの花だったのかななどと今おもうと感じています。風媒花なので地味な花のようですね

どんぐりの実については、

#ドングリ の中では直径が約2cmと大きく、ほぼ球形で、基部半分は椀型の殻斗(かくと)につつまれている。

殻斗の回りには線状の鱗片(りんぺん)が、線状になってたくさんつく。この鱗片は細く尖って反り返った棘状であり、この種の特徴でもある。

なるほどなるほど。文字になっているものを実際にたどってみるとまた面白いですね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから