公園で物理!すべり台の速さは何かきめるのか?

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 


公園で物理!ということで、いろいろな遊具にみる物理を考えてみようと思っています。今回作った動画はすべり台の力学ということで、最下点にたっしたときの速さは何がきめるのか?ということについて考えてみる動画を作ってみました。

公園に子供をつれていくと、いろいろな滑り台、面の形状、また晴れの日、曇の日などで滑り方が異なることがよくわかります。高さはもちろんのことですが、この力学的エネルギーの前後の違いは何からくるのか?失った力学的エネルギーはどこにいっているのか?を考えるのは面白いことかなと思いました。結構おくが深いのではないかと考えています。

物理の目で見ると、公園も面白いですね!

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。