スフィロでハート型を描こう!ドロープログラミング【Sphero】

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

ボール型ロボットのスフィロ(Sphero)にはドロープログラミングというモードがあります。これは指で好きな図形を描くと、そのとおりにスフィロが描くというもので、事前に命令を出していくということから、これも立派なプログラミングといえます。

例えばですが、ハート型を描いてみました。するとこのように動きます。

こちらが実際にプログラミングに使ったハート型です。

指でうまく描けても、実際にハート型を描くようにプログラムするのは、なかなか難しく
一筆書きではなく、半分ハートを描いてから、一度指を離して、もう一度ハートを描くと
実際のスフィロがきれいなハートを描きます。

色を変えながら動かしたり、いろいろな図形を描くようにしてみたり、
また簡単な迷路を解くようにプログラムをしてみたりと、
ドロープログラミングもいろいろと奥が深いので、ぜひいろいろと試してみてください。

スフィロの面白さに気がつくはずです。

[amazonjs asin=”B01JCD4JAW” locale=”JP” title=”Sphero SPRK+ (スパークプラス) プログラミングロボット/STEM / 【日本正規代理店品】 K001JPN”]

[amazonjs asin=”B076H5KTRG” locale=”JP” title=”Sphero Mini 知育 / STEM / おもちゃ / スマ ートトイ / プログラミングできるロボティックボール オレンジ 【日本正規代理店品】 M001OAS”]

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから