スフィロのちょっとダサめの公式トレーナーをいただきました!

ケン博士
最新型のスフィロボルトと、ダサめのトレーナーをいただいた!

今年の文化祭では科学部でロボットを使った災害救助という体験型の展示を作りました。ロボットに選んだのはスフィロです。スフィロについて詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。この活動を事前にしったスフィロ社の日本担当の方から、最新型のSphero BOLTというロボットを2台貸していただきました。感激です。

BOLTは2台の間で通信をして相互作用をいかした動きをすることができることがぼくは気になっていて、渋滞のプログラムなどを組めるのかなと夢を膨らませています。早く試してみたいです。

またスフィロのトレーナーをいただきました。こちらです。少しダボッとしていて、なんとなくダサいのですが、それがまたアメリカをはじめとして全国ではやっているとのこと。さっそく着て見ようと思います。

こちらは表の様子。肘の部分にスフィロのマーク、また中央に「sphero」と書かれています。

こちらが裏面の様子。たくさんのスフィロが見られます。

一度着てみたので、今度は着ているときの写真を紹介しようと思います。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。