水の電気分解の動画教材

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

水の電気分解に関する動画教材を探していたところ、次のものを発見しました。

少し長いですが、非常にわかりやすいですね。私の学校では中学3年生でこの実験を行うことになっており、中学2年生の授業で分解の一つとして、ちょっと見せておきたかったので、こちらを使用しました。それにしても、電気を流すと自ら水素と酸素ができることは、何度見ても、頭ではわかっていても驚きますし、感動しますね。

今年度から学校でiPadが配布されて、全校内に無線ランがついたこともあり、動画教材の使える幅が広がりました(今までは私物のiPadをもっていって授業をしていました)。といってもやはり理科は実物が基本ですから、実験が大切だと考えています。資料集を見る時間が動画などに変わってきている感じです。授業時間は限られているため、何を見せて、どれを実験するのか、その取捨選択が大切になってきますね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから