IBの研究をしよう!抵抗の長さと抵抗値の関係(その6)

スクリーンショット 2015-05-23 17.34.04

教育界では、グローバル化が叫ばれています。

日本にも現在でも国際バカロレアの資格がとれる
学校がありますが、今後増えてくることが考えられます。

そんなことから、
国際バカロレアの教科書Physicsに載っている実験と
日本の教科書に載っている実験の関係について
知っておく必要もあるだろうと思い、
調べることにしました。

[amazonjs asin=”1447959086″ locale=”JP” title=”Standard Level Physics 2nd Edition Book + eBook (Pearson International Baccalaureate Diploma: International E)”]

今回はP211に載っている
「ニクロム線の長さと抵抗値の関係を調べる実験」について紹介します。

この実験は、ニクロム線にある一定の電圧を加えて、
そのときニクロム線に流れた電流計を測ります。

ニクロム線の長さは様々なものを用意して、
何度か実験を繰り返します。

そしてニクロム線の長さと、抵抗値の関係をグラフにして、
関係性について調べるというものです。

このときの注意点として書かれていたのが、
ニクロム線はできるだけ
細いものを使うということです。

というのも、ニクロム線を電源に直接つなぐため、
抵抗が小さいものだと、大電流が流れるためです。

日本の教科書にも同様に、導線の長さと抵抗値の関係を
調べるものがありました。

例えば東京書籍の物理基礎P170に載っています。

これを見ると、バカロレアよりもより簡単な方法で、抵抗値を測っており、テスターで代用していました。

生徒実験をする場合には、
テスターのほうが簡単に使うことができますが、
バカロレアのやり方だと、
電流計の扱い方にも慣れることができそうですね。

実験器具の値段も普通の学校にあるものとあまりかわりませんし、
どっちが良いとはいえなそうですね。

続きます。

ニュースレター

・ニュースレターはブログでは載せられない情報を配信しています。