リニアモーターの作リ方!懐かしの「左手」を使って子供と遊ぼう


リニアモーターを作ろう!

リニアモーターカーがいよいよ現実味おびてきた!
手作りでリニアモーターを作ってみよう!

リニアモーター「バー」とは

普通のモーターは電気エネルギーを「回転する」運動エネルギーで取り出します。
今回紹介するモーターはリニアモーターというものです。

リニアとは直線という意味です。
つまり回転しないで、直線の原動力を得るモーターなんです。

どんなモーターなのでしょうか。

今回はリニアモーター「バー」という、
棒が動く不思議な装置を手作り紙てみましょう。

科学のレシピ

用意するもの:
アルミはく、フェライト磁石×10(100円)、下敷き、両面テープ、はさみ、乾電池(手回し発電機も可)

20120904094152

① 磁石を下敷きに貼り付ける

下敷きに両面テープを貼り、S極を上にして磁石を一直線に並べてつける

20121127210047

何個でも良いですが、10個以上をおすすめ!

② アルミ箔でレールを創る

20121127210046

アルミ箔を太さ1cmほどの帯状に2本切ります。

 下敷きをひっくり返して、磁石の張り付いた面を下にして机におきます。

 レールを直線に並んだの真上をはさむように置き、両サイドを両面テープで止めます。

20121127210044

20121127210045

完成!!

③ かなめとなる動くバーを作る!

 ボールペンの芯などを使って直径0.5mm、長さ5cmほどのアルミ箔のパイプを作ります。

20121127210043

クルっと巻きます!

20121127210042

④ レールの上にセットして電流を流す。

 レールの上にアルミパイプをおいて、レールに電流を流してみる。

20110108042202

これで完成です。

 

それでは電池を使って、2本のレールに電流を流してみてください。

パッと棒が動き始めます(すっ飛びます!)

(手回し発電機がある場合は、手回し発電機をつかって電流を流してみましょう。)

 

動画での様子はこちらからどうぞ。

 

仕組み

仕組みについてはこちらの本でまとめました!

もしよかったらご覧ください。

何回みても電磁気力は不思議です・・・!
磁石はこちらでまとめ買いできます。

ダイソーでもお店によっては売っています!
(ぼくが結構買い占めてしまっていたり、、、)

 

20130924130129 今日の『科学のタネ』

リニアモーターカーにのったら フレミング左手の法則をやろう!