無駄なパワポの技術!シンデレラをプレゼンしてみた!に冷や汗

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2014-04-16 21.36.31

なんてわかりやすいシンデレラのストーリー!

シンデレラをプレゼンテーション!?

まずはこちらを御覧ください!
シンデラレをビジネスライクにプレゼンしています。

確実なるターゲットへのアプローチ!

ターゲットへの強いインパクト!

とにかく笑ってしまいました。
これだと伝えたい内容が、逆に明確に?伝わってきすぎて、
ぜんぜん物語が入ってこないという・・・。

ところで、KP法ってご存じですか?

KP法 シンプルに伝える紙芝居プレゼ…
川嶋直

これは紙芝居(K)プレゼンテーション(P)という手法だそうで、
スケッチブックとペンんがあれば、誰でもすぐに行うことができます。

先日家庭科の授業でこのKP法という手法を使って、
生徒に発表をさせたそうです。

いつもは話がうまくできないような生徒でも、
この自分に資料があるという状態でお話をすると、
不思議なことに自然に話ができたということでした。

「聞いた話」口調になっているのは、ちょうどその日に
出張が入ってしまい、授業見学をしたかったのですが、行けなかったからです。

大成功だということで、ぼくもぜひやってみたいな〜なんて思っています。

プレゼンテーションの手法の中で、ぼくが好きなのは
数年前にはやった高橋メソッドです。

文字数を極限まで少なくして、
1スライド1メッセージで相手に伝えていくその手法は、
刹那的なメッセージでありますが、一つひとつが胸にビシビシと伝わってきます。

またプレゼンテーションZENのような、
写真を多用したビジュアルプレゼンテーションもかなり効果的で
ぼくも何か生徒にむかってお話をするときは多用をしています。

そんなプレゼンテーションですが、すっごい技術の無駄遣いをしている動画を発見しました。
それが冒頭のシンデレラをプレゼンテーションするという試みです。
これがネタとして作られているのですがすっごい面白い!

馬鹿らしくてホントうに良い!
この他にも桃太郎のプレゼンもありました。

きびだんごのインセンティブ!!

生徒にもなにかお伽話をプレゼンテーションさせてみると、
もしかしたらスライドの作り方などがよく学べるのかもしれませんね。

 

参考

プレゼンテーションを勉強するときには、まずはやってみることですが、
王道のプレゼンテーションZENがおすすめです。

プレゼンテーションZEN 第2版

次の科学のタネ

科学検定の本を書きました!

スクリーンショット 2014-04-15 19.34.28

科学のネタ帳の更新情報

ツイッターについては更新情報+科学全般、

フェイスブックGoogle+RSSについては更新情報について流しています。

科学のネタ帳オン
Google+


プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)