【まさにホラー】手回し発電機が勝手に動き始めた…

手回し発電機をつかったことはありますか?こういう質問を中学生にしてみると、ほぼ全員が使ったことがあるそうですが、1割〜2割の生徒は見たことががないようです。

ぼくがおすすめなのは、ナリカの手回し発電機で、耐久性が強くて壊れにくのが特徴です。今回は手回し発電機をつかった実験についてご紹介します。

よくやるのが、この手回し発電機を2台つかって、片方のハンドルを回すともう片方がまわるというものです。

ただ、面白いのだけれどあまりモーターと発電機が表裏一体だということに気が付きにくいので、はじめの実験としてはおすすめしません。

手回し発電機というと、発電をするものという観念が強く、モーターが入っているということを生徒は忘れがちです。そんなときには、手回し発電機に電池をつないでみると面白いです。

手回し発電機に3Vの電池を繋いでみると、生徒からは驚きの声と笑い声が聞こえます。

ホラーみたい!という声が多く聞こえてきました。

手回し発電機のハンドルが勝手に動き始める様子からそう思うようです。発電機とモーターは表裏一体の関係にあるので、電池をつないで電流をながせば、ハンドルが回転するのですね。

もしよかったら試してみてください(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。