電流が見える!コンデンサとイージーセンスの設定方法!NSA

LINEで送る
Pocket

コンデンサはもう小学校の理科の教科書にも登場している、メジャーな素子です。ぼくが小学生のころはコンデンサは載っていなかったと思います。でもこのコンデンサ、中学校ではなぜかまったくでてこないんですよね。そして少しして高校生になると、メインで登場してきます。

コンデンサを理解するコツは、コンデンサにたまっている電気量を想像したり、それがどこに移動をするのかを見極めることです。

でも、電気は目に見えませんから、目の前にあるコンデンサにはたしてどれだけ電気がたまっているのかはわかりません。またもしコンデンサにたまっている電気量がわかると、そのコンデンサの電気容量が、なんと計算をして求めることができてしまいます。

そんなコンデンサにたまった電気量を可視化できる装置が、センサー系の装置です。今日はぼくがおすすめするイージーセンスをつかったコンデンサの電気容量の求め方についてご紹介します。

科学のレシピ

用意するもの:

イージーセンス、電流センサ、抵抗(10Ω)、電池2本、コンデンサ(5.5V、1F)

方法:

1 コンデンサを充電します。

2 充電したコンデンサ、抵抗、電流センサを直列に接続をする準備をします。まだつないではいけません。

3 イージーセンスの画面は次のような設定です。

グラフを選びます。

測定時間を2分、測定間隔を100msにします。

トリガーを選び、40mAより大きいを選びます。

次に表示からY軸オプションを選びます。

Y軸の最小値を0、最大値を400mAに設定します。

これで完了です。あとはイージーセンスの測定ボタン(三角形のボタン)をおしてから、回路を接続すると、

リアルタイムに計測されていくので、少しずつ電流が放出されている様子がわかるのと、グラフの形がy=e^-xとなるところが面白いところです。

またイージーセンスではワンタッチで積分もすることができるので、このグラフの面積をすぐに求めることができます。求めると、このグラフの面積がコンデンサにたまっていた電気量Qということになります。面白いですよね。

こんな便利なイージーセンス、ぜひご活用ください。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい・楽しい実験教室×ICT 地域でなかなか実験を体験する機会がない、小・中学校で電気分野などあまりやってくれない、幼稚園で科...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)