理科の質問をWebで受け付けて、解答を作って送る試み

LINEで送る
Pocket

ぼくの友人にS先生という先生がいます。この先生は大学時代の同期であり友人で、
大学時代には非常にお世話になりました。勉強や生活面などいろいろな場面で
助けてもらいました。このS先生がいなければ、ぼくは大学を卒業できなかったの
かもしれないと、本当に思っています。

専門性も高く、ぼくの苦手だった化学について実験や勉強を嫌がることなく
いつも教えて、助けてもらいました。

そんなS先生は今は個人塾を経営しています。1000cmという名前の塾です。(先生の家、せんせんち という語呂合わせのようです。)

いち早く塾を立ち上げて、自分が信じる教育を貫いている姿がかっこよく、憧れます。同じ年なのに、すごいなと思っていたのですが、

そんなS先生がまた面白いことをはじめました。それは、

全国の生徒から、わからない問題を送ってもらい、それに対して解説を
作って送る

という試みです。料金は500円程度で、こちらから受け付けています。

https://1000cm.thebase.in/

前からフェイスブックで、活動の様子は知っていたのですが、
デジタルで質問に答えるという手法が面白いなと思っています。

私も高校3年生の生徒から学校用のメールアドレスに物理に関する質問が届き、
それにイラストをかいて答えたりしています。先日も正月に受験生から質問が届いて、
文章やイラストで答えていました(もちろん僕の場合は無料です)。

一番は対面で教えることですが、なかなか対面で教えることができない場合もあるため、結構このデジタルをつかって答えるというのは生徒にとっても良いようです。

S先生はその専門性もさることながら、教え方も非常にうまいです。
おそらく比喩が得意なのだと思います。ですから、質も高い解説を作ってくれること間違いないと思います。

受験生にとって、解説がわかりにくい参考書や、赤本などがあったときに大きな助けになるのかなと思いました。

常に先進的な試みをしていて、面白いなと思いましたのでご紹介しました。
専門は化学なので、もしわからないという受験生がいたら、利用してみてください。

講演実験教室・講演の開催
実験教室×ICT 実験研修等の講師、出前授業などを依頼をうけて行っています。iPadやセンサーソフトを使った実験や、自由研究にも使え...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)