立体図が苦手な生徒は必食!サッカーボールのり

LINEで送る
Pocket

電磁気学の右ねじの法則や、フレミング左手の法則など、
3次元のもの、立体的なものというのはなかなか教えるのが難しくて苦労をしています。

パット頭にイメージできる生徒もいれば、なかなか頭に思い描けなくて、頑張っていっしょに手を作りながら説明をしたりするのですが、理解が遅くなってしまう生徒もいます。

数学の立体図形の断面図なども、数学の先生にきいたら同じような悩みがあるのだそうです。

ときには厚紙をつかって、展開図から立体をくみたてて、それをきりとってみたり、と苦労をされているとのことでした。

なぜすぐわかる生徒もいれば、なかなかわからない生徒もいて、このような理解の差が生じるのかなと思っていたのですが、自分自身、立体的なものを捉えるのがあまり得意ではありませんでした。

立体的なものを捉える力というのは、幼児期の遊びやお絵かき体験などで親しんでおくなど、「経験の量」も大きく関係するのではないでしょうか。

ですから経験が多くある生徒はかんたんに思い描けるのではないかと思います。このバックグラウンドの量が効いてくるのかなとおもいました。

そんなことを思っていた所、スーパーで次のようなノリを見つけました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-14-47-00

サッカーのり!なんだこれは?と思ってよく見てみると、

0

ご飯に六角形の組み合わせでできたノリをはりつけていくと、
サッカーボールができあがるというものでした。

「くだらない!」

と瞬間的におもったのですが、結構売れていたのが驚きです。たしかに子供の気持ちになってみれば、サッカーボールができるのですから、楽しいですよね。

またのりをはりつけるまえの展開図の様子が面白いし、サッカーボール特有の五角形と六角形の組み合わせもよくわかります。

本当にサッカーボールを作るのなら、どういうふうに作るのかをイメージすることができそうです。

キャラ弁というのはあまり好きではないのですが、このサッカーボールおにぎりは、とても興味がわきました。なんとアマゾンでもうっていました。流行っているのでしょうか?

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい・楽しい実験教室×ICT 地域でなかなか実験を体験する機会がない、小・中学校で電気分野などあまりやってくれない、幼稚園で科...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。