え!なんで液体から糸が出て来るの!?石油からナイロンを作ろう!

本校の化学のT先生にお願いをして、科学部でナイロンを合成する実験を行いました。こちらをみてください。2つの液体をシャーレにそれぞれ入れて、ピンセットを液体の中にいれてひっぱると、、、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-16-54-37

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-16-55-21

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-16-55-31

すごい!ひもがピヨ〜ンと出てきました。感動!
どんどんどんどん出てきます。これを太い試験管にまきつけていきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-16-55-54

巻き取ったら水道水で軽く洗い流して、ナイロンの糸を取り出していきました。
弾力があって、蜘蛛の糸のような感じです。
札幌を作った生徒も出てきました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-16-56-01

面白かった!

使ったものは、アジピン酸ジクロイド、ヘキサン、ヘキサンメチレジアミン、水酸化ナトリウム、蒸留水です。2つの液体のその1のほうには、アジピン酸のヘキサン溶液が入っています。その2のほうには、ヘキサンメチレンジアミンの溶液です。水酸化ナトリウムが入っています。

2のほうをシャーレに先に入れ、1をその上にのせると、水の上においた油と同じで、境界面ができます。この境界面でナイロンが合成されて、ひっぱっていくと糸がみるみると伸びて、出てきます。

高校で行っている実験だそうですが、中学から楽しめる楽しい実験でした!

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています  学校で理科実験を行う機会が少ない。親子でいっしょに実験を体験してみたい。 ...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。