コンデンサには何Cの電気量がたまっているのかを調べてみよう!

LINEで送る
Pocket

2

先日高校3年生の授業でコンデンサーの電気容量の測定実験を行いました。この実験はコンデンサをはじめに充電し、そのコンデンサーと、抵抗、電流計を直列接続をして、流れる電流の値を電流計を読みながら測定をしていきます。

今回は10秒間隔で電流の値を測定しました。

この電流と時間をI-tグラフで表します。このI-tグラフの面積が、コンデンサーに充電されていた電気量となります。

簡単にできて実験でき、数学の積分も実感できる、非常に有意義な実験です。高校3年生の授業時間が余ったらぜひ取り組んでみてください。

またこの実験はナリカのイージーセンスと組み合わせることによって、電流の値をリアルタイムにグラフに描き、可視化させることができます。少し高い実験機器ですが、教員一人分でもあれば、アナログな実験のあとに見せることができるのでおすすめです。イージーセンスのソフトなら積分もすぐにPCで計算できるところもよいところですね。

お試しください!(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい・楽しい実験教室×ICT 地域でなかなか実験を体験する機会がない、小・中学校で電気分野などあまりやってくれない、幼稚園で科...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。