1.5V液もれしない電池!?大容量のコンデンサー電池

LINEで送る
Pocket

先日、打ち合わせでナリカさんにいったときに、
液もれの起こらない電池を見せていただきました。

それがこちらです。

スクリーンショット 2016-08-14 9.26.51

見た目が普通の電池ですが、この電池には接続部が4つついています。
まずは上の2箇所に手回し発電機をつないで、電池を充電します。

スクリーンショット 2016-08-14 9.26.57

そして、両脇に接続すると、安定した1.5Vの電源が供給されます。

スクリーンショット 2016-08-14 9.27.21

面白いですよね。表示をよくみてみると、

スクリーンショット 2016-08-14 9.26.51

コンデンサーの電池だということが書かれています。

この電池は大容量のコンデンサーがついており、それを1.5Vに変換して、
出力できるようになっているそうです。

ただし、1.5Vにするための回路に電流を供給しているため、
一度充電してから30分くらいまでしか使えないとのことでした。

これはどこで使うのか?というと、実際にケニアにもっていき、
理科教育をするときに使っているそうです。

普通の電池だと液漏れをしてしまい、
使い物にならなくなってしまうのだとか。

また電池が学校に準備されていないときでも、
こちらであれば使えるのだそうです。

面白いものを見せていただきました(^^)

教員目線でのICT活用方などをセミナーなどでお伝えしています。
申し込みはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい実験教室「実験×ICT」 生徒の手元にあるスマートフォンには高性能のカメラに加えて様々なセンサーが搭載されています。そのよ...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)