教師が絶対に覚えておきたいExcelの1つのショートカット(まずこれ!)


スクリーンショット 2016-05-29 20.42.54

みなさんはICTと聞くとどんなことを想像しますか?

ぼくはというと、ICTに関しては、業者がしかけてくるほどに教育にはイノベーションを起こすことはないけれど、知っておくと良いものも、中にはあるといった程度の認識です。

ですから、「こんな技術、関係ないや!知らなくていいや!」というスタンスではなく、
「これ知っているけれど、これなら黒板に書いたほうが早いから、必要ないか」
というようなスタンスが求められると思っています。

つまり知っている上で、使うか使わないかを選ぶ、というスタンスが大切なのだと思います。

そのうち、「この技術は使えそうだ、効率もいいし、手間もかからないし、教育効果も高い!」
というものが出てくることがあるかもしれず、そうであればそのICTを活用すればいいということになります。

ぼくにとって、その可能性の一つが「kocri」だったわけです。kocriについて知らない方は、こちらの記事を参考にどうぞ。

スクリーンショット 2015-12-14 8.20.12

現場からお届けします!Kocriを使った理科の授業@丸の内の様子
平成27年11月29日(日)東京は丸の内の新国際ビルのGOOD DESIGN Marunouchiにて、Kocriをつかった模擬授業を行いました。 https:...

さて今日はExcelについての話題です。

昨日Excelについての話題を書きましたが、Excelは他の人がわかりやすいように作ることが大切です。

他の人がわかりやすく作るということは、見た目も他の人がわかりやすいようにしておくことが大切なので、どうしてもセルの書式を細かく調整をしていく必要があります。

このため、Excelではマウスを使う機会も多くなると思います。このセルは文字表示で、このセルは数値で、ここには罫線を引いて、こっちの罫線は取る・・・。

その度に、マウスを使って、いちいち右クリックをして「セルの書式設定」を開いて、

 スクリーンショット 2016-05-29 20.28.59

セルの書式設定を選ぶ

スクリーンショット 2016-05-29 20.45.09

作業をしていくというのは、ちょっと無駄。

というわけで、絶対に覚えておきたいのが、「コントロール」+「1」を同時に押すことです。
すると、瞬時にセルの書式設定が開かれます。

パット開く!

スクリーンショット 2016-05-29 20.45.09

セルの書式設定を開けたら、次にマウスで必要な場所を探していく、のではなく、「コントロール」+「tab」を押してみてください。おすたびに、上部のタブが次々に動いていくのがわかります。

スクリーンショット 2016-05-29 20.29.07

1回押す

スクリーンショット 2016-05-29 20.38.21

3回押す

スクリーンショット 2016-05-29 20.38.32

無事、罫線で囲むことができました。

この2つの技をしっておくだけで、随分とマウスから手が離れる時間が増えて、作業も効率化されるはずです。必要なタブからの移動については、ぼくはマウスを使っていますが、もちろんキーボードから指示を出すことも可能です。

どのあたりまでをキーボードショートカットで行い、どこからをマウスで行うのかを、自ら切り分けておくといいですよね。そのためにも、まずはどんなショートカットがあるのかを知る必要があると思います。

知った上で使うか、使わないかの判断をすることが大切ですね(^^)

みなさんはどんなショートカットを使っていますか?

追記

ICTを活用講座を開きます!もしよかったらご参加ください(^^)

講演実験教室・セミナーの開催
今まで行ってきた各種セミナーの一部についてのご紹介です。科学実験講座、ICT活用講座、時短セミナーなど実施してきました。講演の...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・科学の動画こちらからどうぞ

・科学のネタ募集中!

科学のネタの情報の提供、ご質問、ご相談ははこちらにお願いします。
ネタの掲載にあたっては、お名前などを載せさせていただきます。
またご質問、ご相談などはお気軽におよせください(^^)

・Lineでの情報配信もはじめました
友だち追加数

・メールマガジンはじめました