創造力の花が咲く!磁石をつかった科学あそび


スクリーンショット 2016-01-31 7.31.12

今日は磁石を使った「科学あそび」について紹介します。
こちらは小森栄治先生の実験教室で教えていただいた
「シングルエイジサイエンス」というものです。

シングルエイジということで幼児向け科学あそびの教室だったのですが、
幼児向けと言っても、大人も夢中になって楽しむことができるものでした。

厚紙の裏にセロテープで磁石をつけて、その上からたんぽぽの茎と葉っぱのみを描きます(花は描きません)。

スクリーンショット 2016-02-08 19.45.33

その上から、針金の飾りを切ってパラパラとふりかけると、、、

スクリーンショット 2016-01-31 7.31.22

枯れ木に花が咲きます!!

スクリーンショット 2016-02-08 19.45.33

スクリーンショット 2016-01-31 7.31.12

もちろん裏側には磁石が貼ってあります。

スクリーンショット 2016-01-31 7.31.18

単にこれだけなのですが、何を厚紙に描くのかがポイントになるんだとか。
自由に子供に描かせると、ある子供は花火を、ある子供は別の花をなど、すばらしい作品ができあがるんだとか。
いろいろなものを描いた例を見せて頂きました。

その中で、今回のセミナーの受講者が描いた絵がすばらしかった!!

応援をする女の子のもつポンポンでした。

スクリーンショット 2016-01-31 7.31.27  じゃーん!すごいですよね(^^)!!

はじめ手には何ももっていないのに、ぱらぱらとふりかけると、
たちまちポンポンができあがっていく!!
このアイデアに、会場が一気に撮影会になりました。

磁石を使ったちょっとした遊びですが、幼児は夢中になりますし、何を「咲かせるか」を考えると、
創造力が爆発しそうですね。

お母さんにぜひやってもらいたい科学あそびでした!

みなさんはどんな科学あそびをしていますか?これは受ける!というものがあったらぜひ教えて下さいね(^^)

空気が乾燥してきました!ライデンびんを作ってみましょう。

冬にビックリ!感電のイタズラ実験ライデン瓶の作り方
<高校物理復習帳のページへ戻る> アルミホイルとコップで作るライデン瓶(びん) 恐怖の感電実験!で驚かせましょう ※ 心臓の弱...

お気楽にお問い合わせください。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ(^^)
・メールマガジンではブログには載らない情報を配信しています。


 


動画授業をはじめました。


[adsense]