電池の端子電圧の時間変化はどうなっているの?IBの研究9

LINEで送る
Pocket

2551a1a4b1b6febeaba177c2ed609e32_s

国際バカロレアの物理の研究をしています。
今日は199ページにのっていた、電池の端子電圧がどのように低下をしていくのかを
調べる実験について紹介します。

この実験は、方法は単純でいろいろな種類の化学電池と電圧計をつないで、
電圧がどのように時間とともに減っていくのかについて調べます。

ただし、なかなか電池の電圧は下がっていかないので、
電圧を継続して記録しながら測ることができるセンサーとパソコンが
必要になるということがかかれていました。

ぼくはやったことがなかったので、やってみたいなと思っているのですが、
ナリカのイージーセンスなどを使うとうまくいくのでしょうか。

いままで高くて手が出ていませんでしたが、
この際に、買ってみようかなとか思っています。

この実験については、日本の教科書には載っていない?のかな。

みなさんは、このような実験をやったことはありますか?

ニュースレター

・ニュースレターはブログでは載せられない情報を配信しています。


 


SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。