答えられる?5年前に○年生・○○という科目を教えてた

スクリーンショット 2015-05-19 18.12.45

5年前は、どの学年のどの教科を教えていましたか?

みなさんは5年前の自分をおぼえていますか?
どんな授業をもっていて、どんな学年を教えて、部活は何をやっていて。

あら?何やっていたっけ?ん?物理基礎?物理1?理科総合??理科1?
そう思っている人もいるかもしれません。

いつも自転車操業で、その場その場で必死になって
業務をこなしている先生方が多いと思います。

昨日なにを食べたのか?だって忘れがちですよね。

ぼくも全く同じでしたが、ある習慣がつくまでは、
毎年自分がいつ何をしていたのか?をおぼえていませんでした。

それはある先輩からの一言でした。

その先輩はあるときこんなことを話していました。

「おれは毎年履歴書を書いているよ。転職するとかしないとか、
そういうのにかかわらず。毎年そうしているんだ。
忘れちゃうから。だからすぐわかるよ。何をしてたか。」

ということでした。
ぼくはそれからというものの、その先輩の助言にしたがって、
自分が毎年何をしたのかを記録しています。

たとえば、ぼくが学校に赴任した時の様子はこんな感じでした。

自分の記録ファイルより参考
スクリーンショット 2015-05-19 18.05.31

担任、校務分掌、担当授業と学年、部活動、その他

の欄を作ってまとめています。

まだまだ仕事が多くない、今思えば見守ってもらっていた時期です。
(本人は必死なんですけどね笑)

こういったものを毎年、表にして、下につけていくので、
ファイルがふんどしのように伸びています。

記録としては残っているのがありがたいところです。

なぜこんなことをするのか?というと、
自分はこんなにもいろいろなことをやってきたんだということがつかめると、
ちょっとした元気をもらえますよね。

まだまだ今の困難だって解決できるし、してきたんだ!
そんな気持ちになります。

また毎日記録を残すと、実は見なおさなくなっちゃうのですが、
年度単位で記録を残すことって教師にとっては見直しの聞く、
非常に良いことのように思います。

みなさんはどんな記録を残していますか?

ニュースレター

・ニュースレターはブログでは載せられない情報を配信しています。


 


科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。