たった5分で発電機ができた!自宅で作る電気ブランコ


5分で発電機を作ってみよう!

スクリーンショット 2014-07-17 16.10.34

発電機を作ったことありますか?

自宅で発電機をつくったことがありますか?
発電機ときくと、なんだか大掛かりな感じがしますが、

簡単に、お手軽に、自宅で、発電機が作れちゃうんです。

用意するものは、エナメル線と、空き缶、それに磁石の3つです。

磁石はU字磁石でも棒磁石でも大丈夫。

それでは作り方です。

1 まずはエナメル線を空き缶に巻いて、コイルをつくっていきます。
だいたい50回くらい巻くといいと思います。巻けば巻くほど、発電量も多くなります。

2 このコイルをブランコにしましょう。適当なところにぶらさげてください。

3 エナメル線をテスターまたは検流計とつなぎましょう。

スクリーンショット 2014-07-17 16.14.35

これで完成です!ね!簡単でしょ。

あとはブランコをゆらすか、または磁石を動かしてみましょう。

コイルに電流が流れて検流計の針がピコピコ動く様子が観察できますよ。

ちょっとしたことですけど、生徒に見せると驚きます。
ぼくも何回みても不思議。

コイルと磁石で力が発生するなんて、おどろきの現象ですよね。

何気なく生徒は手回し発電機を中学校などで使っているので、
この実験をみせたあとに、では手回し発電機はどうなっているんだろう?

モーターを分解してみよう!なんて感じで繋げられるかもしれませんね。

ぜひお試しください。

今日のオススメ

「大人のための高校物理復習帳」では自宅でできる面白い実験をたくさん紹介しています。
詳しくはこちらをどうぞ。

スクリーンショット 2014-07-05 0.43.51

次の科学のタネ

昨日出ました!そろそろ全国の書店に並んでいるかも?
文系向け物理の参考書です。

スクリーンショット 2014-07-11 6.45.31

科学のネタ帳の更新情報

メールマガジンの登録はコチラからどうぞ。


 



動画授業の配信はこちら