キルヒ電池はプラスで抵抗はマイナスとやっていませんか?

LINEで送る
Pocket

5分間で高校物理!今回はキルヒホッフの法則についてです。

スクリーンショット 2013-11-23 20.29.54

これは数式はあっていても、「×」です!

キルヒホッフの法則で間違いやすいのが、電池で常にプラスを、
抵抗で常にマイナスをつける生徒が多いことです。

 

ぼくも実は学生のときそのように思っていました。
しかし違うんです。電気回路の高い低いをしっかりと考えながら、

プラス・マイナスを判定していかなければいけないんです。
こちらの動画を御覧ください。


今回は簡単な直列回路で説明をしましたが、
直列とも並列ともわからない回路や

コンデンサー回路を考えるときも同様に考えることができますので、
ぜひキルヒホッフの式の立て方は

マスターしたいものです。

 

電位図についてはこちらで解説しました。

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。