火は上にいくから大丈夫!ガスバーナーの使い方(中1向け動画)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

中1向けにガスバーナーの使い方について動画にまとめました。

ガスバーナーというと、怖い!というイメージがあったり、なかなか慣れるまでに時間がかかりますが、とにかく安全に使うたコツはおちついて行うということにつきます。火は上にいくので、それさえおさえておけば、基本的にはやけどすることはありません。

付け加えて言うならば、ガスがいまどこにあるのかを想像することですね。この栓を開くと、ここまでガスがきて、コックを開くと、と想像をしてみてください。またガスは臭い匂いがついているので、匂いでガスが漏れているかどうかに気がつくこともできます。

また順番の問題がよく出てきますが、火をつけるときには、元栓から近い順に開いていきます。元栓、コック、火をつけてから、ガス調節ネジ(下)、空気調節ネジ(上)ですね。

火を消すときは、その逆で、空気調節ネジ(上)、ガス調節ネジ(下)、コック、元栓 ですね。

落ち着いて実験をやりましょうね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから