おや!?つい2度見してしまう不思議なモーターの作り方


ファラデーモーター

こんなモーター見たことがない!

科学者のファラデーが作った原始的なモーターを作ってみましょう。
なんと全ての道具が100円ショップでそろいます。

こんなモーターみたことありますか!?

絶対驚くのがこちらのくるくるアルミ箔がまわる変わったモーターです。

今回の科学のレシピは、「今までにみたことがない!変わったモーター」についてです。
どのようなモーターなのか、まずはこちらの映像をご覧下さい。

なんとも不思議!変な形をしたアルミ箔が電池の上で回っています。
しかも自動的に。

なんで動いているの!?

ぼくもはじめてみたとき、何がどうなっているのかさっぱりわかりませんでした。

電気エネルギーを力学的エネルギーに変換させる装置をモーターといいます。
実はこのアルミ箔にも
電流が流れていて、そのことにより回っています。

それではこの不思議なモーターの作り方とそのヒミツについて見てみましょう。

[adsense] 

科学のレシピ

用意する物:アルミ箔、電池、画鋲、フェライト磁石5個

なんと、すべて100円ショップで揃います!

20120402101753

作り方

1 土台を作る

フェライト磁石を5枚以上かさねて、アルミ箔できれいに巻きます。

20120402102313

2 回転するところを作る

アルミ箔を幅5cmの帯にして切り抜き、縦半分におります。
すると2.5cmくらいの帯がができます。それを中央でおります。

20120402101823

そしてこの帯を栗のような、スライムのような、ぴちょんくんのような形に整形します。

20120402101836

3 台座を作る

アルミ箔でまいた磁石、プラス極を下向きにした電池、その上に画鋲をおきます。

20120402101853

4 そっと栗型のアルミ箔をのせる

栗の形をしたアルミ箔をのせます。このときにアルミ箔の両サイドがちょうど磁石を巻いたアルミ箔をハサミで切るなどをして調整しましょう。

ここがポイントです。

 ちょっと接触している程度にします。切りすぎないように注意をしましょう。これで完成です。手を放すと、アルミ箔がクルクルとまわりはじめます。

 

原理はこれだ!

それではどんな原理でモーターがまわっているのでしょうか。

電流は次の図のように、電池のプラス極から電流が両サイドのアルミ箔にそって流れ、画鋲からマイナス極に向かって流れます。

20120403181755

このとき、磁石から漏れ出た磁場と電流の相互作用によって、フレミング左手の法則により、図の左のアルミ箔は手前に力を、右のアルミ箔は奥に力を受けるので、回り続けるというわけです。

「大人のための高校物理復習帳」でも、この実験について紹介しています。その他家庭でできる様々な実験を紹介しています。

[adsense]

質問を募集しています。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ。ブログにて回答させていただきます。

科学のネタから出た本はこちらです。運営者に関してはこちらからどうぞ。

・メールマガジンはブログでは載せられない情報を配信しています。ぜひご登録ください!メールマガジンはブログでは載せられない情報を配信しています。


 

・フェイスブックやツイッターでは更新情報を配信しています。


・動画授業をはじめました。登録はこちらからお願いします。