比較してみた!格安ミノムシクリップの良し悪し

ミノムシクリップがほしくて、100円ショップにいったのですが、
ぼくがよく行くところからなくなってしまっていました。
どうしたものかなと思って、秋月電商にいったのですが、
1個40円などして結構高かったので、躊躇してしまいました。

何かいいものはないかなとAmazonを探していた所、
評判はあまりよくないのですが、とにかく安いミノムシクリップをみつけました。一つはノーブランド品のもの、もう一つはメーカーが入っているものです。

こちらがノーブランド品のミノムシクリップです。

こちらがuxcellというブランドのもの。

ブランド品はノーブランド品と比べれば少し高いですが、まとめ買いなので安いは安いです。

ノーブランド品のものはゴムの質が悪くて、すべりやすいというAmazonコメントがあったのですが、とりあえずどちらもかってみて比べることにしました。

左側がブランド品 、右側がノーブランド品。

ブランド品のほうがテカっていない感じです。たしかに触ってみると、ノーブランド品のほうが脂っぽいというか滑りやすい感じで、ブランド品のほうがゴムの質が良いような気がします。

また匂いを買いでみると、ノーブランド品のほうはゴムか油かの匂いがしました。ブランド品のほうは無臭でした。

ただ実際に使ってみると、そんなに違いはありませんので、ちょっとしたことならどちらでも問題はなさそうです。個人的には安いし、こんなものかという感想で、概ね満足です。

実験教室など大量に使用する場合に参考にしてみてください(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。