さかなクンに会えた!「かぞくみらいフェス」が楽しかった

LINEで送る
Pocket

さかなクンに会えた!

昨日は「かぞくみらいフェス2017」に遊びに行ってきました。

かぞくみらいフェス

ぼくのお目当てはさかなクンのお話です。

さかなクンがすごい好き!というわけではないのですが、授業の一つとしてその手法を見に行きたいとおもって
楽しみにしていたのです。さかなクンをはじめてみるということもありました。

ただ、子供のお昼にてこずってしまったために、1時からのさかなクンの特別授業の開始ギリギリに、会場到着となり、椅子に座ってみることができませんでした。それにしてもすごい人気だ。人、人、人…。なかなか近寄れませんでした。

さかなくん大人気

さかなクン登場!大人気!

さかなクン

撮影はNGだったのですが、最後のところだけOKでしたので、とってきました。

基本的には、絵を書きながら例えばタイなどの魚について紹介をして、
どんな特徴があるのか、いつが旬なのか、魚の「鼻」はどういう形をしていて、どんな意味があるのか
という魚の小ネタを挟んでいくというような進行でした。

そして面白かったのが、実際に本物のタイをもってきて会場に見せながら、
タイの細かな情報について付け足していくということです。

実物をみながらなので納得ですね。タイは正面からみると、非常に平べったいので「タイ」という名前の
由来になているというお話をされていました。

最後の方では、会場の子供からの魚に関する質問を募集して、それに答えるということもやっていました。

さかなクンの声の高さや話し方はテレビのままです。聞き取りにくいということはありません。
とにかく絵がうまくて、絵から溢れ出る魚愛と小ネタが溢れ出てくるので引き込まれます。

ただ子供が泣き始めてしまったこともあり、前半部分と、後半のちょっとしか聞くことができませんでした。

その他のブースも面白かった!

その他のブースもまわってみると、東京周辺でとれる魚を展示していたり、

さかなの写真

こちらは手でもって見回すことができました。NHKのブースでは、うーたんと写真をとることができたり(子供大喜び)、

10ヶ月なのに、なぜかうーたんだとか、ガラピコとか好きなんだよな…、なんでだろう?

宇宙服をきて写真撮影をするブースもありました。

宇宙服をきている写真

まだ立てないので、無理やりきせて写真をとりました(^^;)

無料な企画も多くて、もちろん家族向けブースなのでベビーカー預かり所や、オムツ替えスペースも設置されており、楽しむことができました。また行きたい!

次回を楽しみにしていましょう(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。