Excelの23:00+6:00=5:00?の不思議を直す方法:教師のエクセル

LINEで送る
Pocket

生徒の学習時間の管理、勤務時間の合計計算などなど、どんな教員にとってExcelを使いこなすことが必須となってきました。

でもExcelの時間計算ってちょっと辺ですよね。例えば2:00+1:00=3:00なのはいいのです。

でも、例えば23:00+6:00=とやると、

なんじゃこりゃ、5:00になる!

みなさん、なんでこの計算が5:00になると思いますか?私はぜんぜんわかりませんでした。

答え

実はこれ、24時間を合計時間が上回ると、また1からカウントするようになっているんですね。ですから合計の29時間は24時間を引いて5時間となるわけです。

でもこうしないで、合計数がほしいというときには、書式設定から、ユーザー定義を選び、

[h]:mm;@

と入力します。すると、

29時間になりました!やった〜!

ちょっとしたことですが、少しずつExcelを勉強していきましょう。年末ですし、簡単な本を買ってもいいですね。

次の本は1日ではきついですが、なかなか良い本です。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい・楽しい実験教室×ICT 地域でなかなか実験を体験する機会がない、小・中学校で電気分野などあまりやってくれない、幼稚園で科...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)