印刷時間を有効活用!教師とAppleWatchその3

LINEで送る
Pocket

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-10-35-26

Apple Watchを使用し始めて1週間が経ちました。学校でどのように使えるのかいろいろ試行錯誤しております。

中でも使えるのがタイマー機能です。

学校現場では印刷機を使うことが多いと思いますが、待ち時間が発生します。本校の印刷機は印刷を支持すると、「あと何分後に印刷が終わります」と言うような表示が出ます。

そんな時にApple Watchに向かって7分後にタイマーと言うような呼びかけをすると、7分後に手首でタイマーを知らせてくれます。Apple Watchは手で操作をするわけではなく、基本的に呼びかけて支持をだします。

これが非常に便利で、印刷機の待ち時間にいろいろな仕事をすることができるようになりました。

今まではiPhoneを使ってタイマーを設定していましたが、iPhoneよりも気楽にすぐに使えるのがとてもいいところです。

またお知らせを手首で振動で教えて教えてくれるので、他の人に迷惑をかけないで、自分自身にだけわかるというのもいいところです。

Apple Watchはこの細かなかゆいところに手が届くような製品であると言うことが少しずつわかってきました。他にもどんなことに使えるのか今後検証していきたいと思います。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい・楽しい実験教室×ICT 地域でなかなか実験を体験する機会がない、小・中学校で電気分野などあまりやってくれない、幼稚園で科...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。