今週のAeraに掲載!された実際の授業中の動画事例(Kocri)

LINEで送る
Pocket

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-9-03-41

何度もこのブログで紹介している黒板拡張アプリKocriについて、実際の授業での活用風景を動画で撮りました。

KocriとはiOSアプリで、うつしたものを白黒反転させるための道具です。黒板に相性がいいのが特徴ですね。

光の分野(中1)では、図が多いためプリントを使って、図に書き込みをしながら授業を進めています。

今までは生徒のプリントに予め載っている図を黒板に書いてから説明をしつつ、生徒に考えさせて、質問をしながら、線や文字などを書き加えていました。

この場合、生徒のプリントにある図と同じものを書く時間がもったいない

ですが、Kocriを使うと、次の動画のようになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-11-53-55

黒板直接投影なので、書き込みができます。

よくKocriなどのICTは、教員が楽になるだけなのではないか、教員がさぼるためのツールなのではないかとか、生徒が考えなくなるのではないかという指摘がなされますが、それは違います。

実際に使ってみるとわかるのですが、

生徒に配布したプリントと同じ図を書き写す必要がなくなるということは、教員が生徒個々の様子をまわれたり、他の場所にエネルギーを注ぐことができるため、授業の進度が上がったり、授業密度が増したりするという効果があります。

授業が楽になるということはなく、あるいみより疲れます(笑)。

また黒板を使っているので、授業の内容をその場で適切に変化させることも可能で、はっきりいってしまえば、用意した教材は使わないという選択も教員の手の上にあるという、自由度がコクリの大きな特徴です。

今週発売のアエラにも、私の授業(夏期講座)の様子が掲載されましたが、同じ記事がYahooNewsにものりましたので、よろしければ御覧ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-23-05-41

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160913-00000183-sasahi-bus_all

アエラはこちらです。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい・楽しい実験教室×ICT 地域でなかなか実験を体験する機会がない、小・中学校で電気分野などあまりやってくれない、幼稚園で科...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)