フリーザを超える本、その名の通り『これならわかる!電磁気学』


ある編集者さんからこちらの本を見せていただきました。
パラパラとめくっていたら、これはすばらしい!と思ったのでみなさんにご紹介します。

スクリーンショット 2015-07-18 20.30.08

コチラの本は、大学の先生が書いた、微積をつかって学ぶ電磁気学の本です。

よくある本だと思うかもしれませんが、微積を使った電磁気学の本には、
挫折をした方も多いはずです。

大学生の単位がとれることにわりきった「単位がとれるシリーズ」の橋元さんの本が
そんな中でもかなりわかりやすいな!と思っていたのですが、

それを超えて、さらに単位がとれる!という大学生のニーズを超えた、わかりやすく読みやすい本だったのです。

例えばこの静電エネルギーのページ、

スクリーンショット 2015-07-18 20.30.13

 

まるで中学の参考書のような、面白いイラストが入って、電気力線の様子が描かれています。
そんなイメージとともに、見えにくいとは思いますが、積分記号が入っていますよね。

こういうような感じで、わかりやすく構成されているため、
そうそう、と理解をしながらスイスイと読むことができます。

さらにはじめのページには、電磁気学がどのように役立っているのか、
この本ではどこまでがわかるのか、というのがカラーで入っているという
超親切な作り!

これはすごいですね〜と編集者さんに話していたら、

「あげますよ!」

と言われてしまって、ちゃっかりもらってきてしまいました。

大学生で困っている方はぜひどうぞ!(^^)

ご質問はありませんか?お答えします。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ。ブログにて回答させていただきます。

科学のネタから出た本はこちらです。運営者に関してはこちらからどうぞ。

・メールマガジンはブログでは載せられない情報を配信しています。


 

・フェイスブックやツイッターでは更新情報を配信しています。


動画授業をはじめました。


[adsense]